成功するネットビジネス

私が実際に挑戦したネットビジネス,副業についてをご紹介します

-

売りたいものがあるなら○○で売れ!利益50%も可能!?

こんにちは!SYUです。

先日までに中国輸入についてや仕入先について記事を投稿しました。
まだ見ていない方は是非ご覧ください。

中国輸入について↓

輸入ビジネスや転売等で一番重要なのはいかに上手に販売するかです。

今回は私が利用している販売先について記事にしていきたいと思います。

どこで販売すればよいのか
ganen1245_TP_V.jpg
記事冒頭にて記載しましたが,輸入ビジネス等で商品を仕入れたとしても商品が売れなければ意味がありません。また,価格競争が起きているサイトを利用すれば数をさばくことは可能ですが,利益を出すにはそれなりの数を販売しなければいけません。

では一体どこで商品を販売すればよいのでしょうか。

ずばり,私がおすすめする販売先は『メルカリ』『ジモティー』です。
本格的にショップを開きたいという方であればAmazonや楽天市場,Yahooショッピングを利用すべきでしょうが,副業として開始するのであればメルカリ及びジモティーが良いと思います。

なぜメルカリとジモティーが良いのかメリットデメリットを踏まえて解説していきます。


メルカリとは?メリット・デメリット
tomneko12151301_TP_V.jpg
メルカリとはスマートフォンでフリーマーケットの利用が出来るアプリです。
誰でも簡単に商品を出品でき,らくらくメルカリ便という発送システムを利用することで送料も抑え,匿名で配送することが可能です。
ヤフーオークション等のサイトは昔から存在しますが,不用品等をインターネットで気軽に取引するようになったきっかけは『メルカリ』のおかげと言っても過言ではありません。
商品が売れた時に売上代金の10%が手数料として引かれる仕組みになっています。

546387.png
メルカリでは価格競争が起きにくいというメリットがあります。というのもライバルは多く存在しているのですが,新しい投稿が上位に表示されるシステムとなりますので,あまりライバルを意識しなくても問題ありません。
また,このブログを見てくれている方のほとんどがメルカリを利用しているかと思いますが,気軽に利用できるということから利用ユーザーが多く,商品も売れやすくなっています。
CMでお馴染みの『24時間以内に半数以上が売れる』という事実もありますし,出品の仕方次第では24時間以内に6割,7割を売ることも可能でしょう。

④についてもメルカリは多くのユーザーが利用しておりますので,購入者から預かった代金を一度メルカリ事務局が預かるという安心できるシステムになっています。

⑤については私がメルカリを利用する大きな要点となっています。
通常ヤマト運輸で宅急便を依頼すると,どこの地域に発送するかにより送料が異なります。
しかし,らくらくメルカリ便を利用すると一律の料金で商品を発送することが可能です。
利益が大きく違ってきますので必ず利用するようにしましょう。

⑥については輸入ビジネスや転売ビジネスを行う際に一番気にしなくてはならない点になります。
せっかくビジネスを行うのであれば少しでも利益を増やしていきたいですよね。
メルカリでは①,②のメリットもあり,Amazon等のショッピングサイトよりも高く売れる傾向があります。仕入れる商品にもよりますが,Amazon等で販売すると利益は20%程度取れれば良い方ですが,メルカリでは50%以上の利益を上げれたこともありました。

55513060.png
一番のデメリットとなるのは手数料がかかるという点です。
メルカリでは商品が売れた際に売上代金の10%が手数料としてかかります。
その為,商品を販売する際は手数料を考慮して出品する必要があります。
因みにヤフオクの手数料も10%(プレミアム会員は8.8%)かかるので,オークション形式でライバルユーザーも多いヤフオクよりはメルカリの方が良いですね。

②商品梱包や発送作業も意外とネックになります。
やり取りは『購入の御礼』『発送時期連絡』『発送後連絡』などを最低限行っていれば問題はありませんが,梱包作業や発送作業に関しては商品が売れれば嫌でも行わなくてはならない作業です。
梱包作業はメルカリ公式が販売している梱包材を利用し,発送はらくらくメルカリ便を利用して自宅集荷にて出来るだけ作業時間を短縮するようにしましょう。

③メルカリ自体に1日の最大出品数を定めている訳ではありませんが,20,30と出品を繰り返してしまうと転売や商売目的と判断され,利用停止処分を受けてしまう場合があります。
私の経験上,1日10出品程度であれば問題ありませんので,あまり派手にやりすぎないことをおすすめします。

④メルカリでは大手のショッピングサイトと違い,購入者との連絡のやり取りが必要となります。
人気の高いアプリで,ユーザーが多いということもあり,中にはマナーがないユーザーも存在します。購入後の値下げ交渉や暴言等をはいてきた場合は,すぐに運営に連絡をし取引を中止するようにしましょう。

ジモティーとは?メリットデメリット
CAT9V9A9181_TP_V.jpg
ジモティーとは主に地元の人をターゲットに取引が出来るアプリです。
フリマアプリのように簡単出品が可能で,使い勝手がとても良いです。
メルカリなどのフリマアプリと異なる点は,商品の受け渡しを実際に会って行うという事です。
面倒な梱包作業や配達料金がかからないことから大型家具などの取引も行いやすくなっています。
また,システム利用料なども一切かかりません。

ではメリットデメリットを見ていきましょう。
ジモティーデメリット
ジモティーは地元をメインで取引を行うため,価格競争が起きていません。
新規投稿が上位に掲示されるシステムとなりますし,手数料がかからない点から積極的に利用すべきアプリです。

私のように田舎に住んでいる場合出品商品が少ないといった問題点がありますが,出品すると結構な確率で販売までつながりますので購入に利用しているユーザーは多いようです。

また,直接商品の受け渡しを行い,現金をその場でもらえるのも注目のポイントです。

ジモティーメリット
デメリットとしては上記2点程になるでしょう。
利用ユーザーは多くなってきているものの,地域をターゲットに商品を出品するため,メルカリ程商品が売れる確率が高くありません。また,購入者と直接会わなくてはいけませんので,コミュニケーションが苦手な方などには向いていないかもしれません。

まとめ
sopuIMG_3195_TP_V.jpg
副業から輸入ビジネスや転売を行うのであれば,メルカリ,ジモティーを使用すればそれなりの収益が見込めます。現在様々なフリマアプリが存在しますが,一通りの作業に慣れてきたら利用するのも有かと思います。ですが,利用ユーザーが少ないと言うことは頭に入れておきましょう。

また,商品を販売するのに一番重要なことは『どれだけ上手に商品を出品できるか』です。
いくら商品を仕入れても売り方が適当であれば商品は売れません。
自分がAmazonや楽天で買い物をした時のことを思い出してみてください。
レビューが低い商品や,商品説明文が適当の商品を購入しようとは思いませんよね。

商品を販売する時は利益率に大きく響いてきますので,購入者目線で出品できるようにしておきましょう。

下記記事も参考にしてみてください(^^)/
関連記事

プロフィール

TAKAHASHI

Author:TAKAHASHI
当ブログへようこそ!!
SYUと申します(^^)
当ブログでは実際に私が挑戦した 副業及びネットビジネスについてご紹介致しますので,参考程度に見ていただけますと幸いです。

【氏名】 TAKAHASHI
【出生地】福島県
【職業】 ネットビジネス全般
【お問合せ】→こちらをクリック

今までの訪問者数

Twitter(更新告知)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR